PM0.5とは何か

PM0.5とは

数年前からPM2.5が中国大陸より飛来して問題になっていますが、最近ではPM0.5という物が飛来すると話題になっています。

このPM0.5とはどういった物なのでしょうか。

大気汚染※画像はイメージです
PM0.5は0.5マイクロメートル以下の大きさで、その成分は石炭を燃やしたときに出る硫酸塩という物質とすすなのだそうです。他にも工場などから排出される煙などが主な成分だという声もあります。

PM2.5の場合は気管支などに達する成分でしたがPM0.5はその小ささから肺の奥まで入り込んで、さらに肺胞から血液に入り込む可能性があるといわれています。この結果「心筋梗塞」「狭心症の発作」「循環器疾患」「心臓冠動脈疾患」などを引き起こすという研究者もいます。

要するにPM2.5よりも小さいので血液にまで入り込んでいろんな疾患を起こす可能性があるということですね。

PM0.5はどこから飛来する?

もうご存知の人も多いかもしれませんが、PM0.5の主な発生源は中国です。

目覚しい発展を続ける中国は工場の数もたいへん多く、工場地帯からの発生したPM0.5が偏西風に乗って日本に流れてきます。

※偏西風とは
中緯度地方の上空を取り巻いて一年じゅう西から東に吹く風。 参考文献:goo辞書

PM0.5の飛散情報はどうやって手に入れたらいいの?

現在PM0.5の予報はありませんがPM2.5に混じって飛来するのでPM2.5の飛散情報が参考になります。 PM0.5の予報はどうやって知る?をご覧ください。

PM0.5の大きさ

PM0.5の大きさを文字で読んだだけではなかなかピンとこないと思いますので大きさを比較してみました。PM0.5の大きさ

PM2.5でも髪の毛や花粉と比べるとどれだけ小さいかがわかりますね。髪の毛の太さの20分の1以下の大きさです。

そしてそのPM2.5とくらべてもPM0.5は5分の1の大きさです。血中に入り込んで悪影響を及ぼすのもわかる気がします。

どんな悪影響があるのかはPM0.5の原因と症状をご覧ください。

テレビなどであれほど騒がれたPM2.5ですが、それよりもいっそうの注意が必要になりそうです。

PM0.5の対策

PM0.5の対策としては、家にいる時は空気清浄機、外出するときはマスクでしょう。

マスクは「PFE」や「VFE」と表記がある物を選択すると良いようです。

PM0.5対応マスクはこちらで。

空気清浄機の場合は日本電気工業会のPM2.5除去性能試験の基準をクリアしたものはPM0.5にも対応していると言われています。

PM0.5対応空気清浄機についてはこちらで。

実際に空気清浄機を置いたところで効果あるの?なんて人は空気清浄機のレンタルを試してみるのもいいかもしれません。

サブメニュー

トピックス